新亜光学工業ってどんな会社?

精密機器の設計にも携わっています

光機器と言っても高性能でかつとても繊細な物になるので、その設計となるとかなりの技術は勿論のこと設備も一流じゃないと管理はとても難しいそうです。 品質管理や温度管理は24時間体制で管理していますし、少しの湿気や埃があっただけでも製品としては何の価値もなくなってしまいます。

海外の工場でも製品を作っています

海外の工場でも現地の人の雇用を広げる為や、技術支援を新亜光学工業では積極的に行っています。 新亜光学工業は技術者が数多く在籍していますが、海外の人と言うのは少ないみたいです。 日本と比べて賃金はかなり安いですがあえて海外で製品を作る事で海外の技術者も育てています。

様々な光機器を開発しています

常に新亜光学工業は光学の分野で最先端の技術を使用しながら大きく成長した会社です。 その為、常にカメラレンズの最新技術を研究しています。 新亜光学工業は光機器の部品から商品まで幅広く販売していますが、今は、研究の分野に最も力を入れている会社の一つでもあります。

カメラレンズの研究

光機器と言ってもどんな商品があるのかと言うのは知っている人もいるようで知らない人もいるのではないかと思います。
なので、ここではいくつかまとめてご紹介したいと思います。
皆さんが知っている光機器と言えば、やはりカメラレンズだと思います。

中でも、医療機器の光レンズの部門では新亜光学工業はいくつもの病院や研究所と提携している事が多い為、カメラレンズの見本だけでは新亜光学工業の会議室には数多くの歴代のカメラレンズの見本や模型が展示されており、一番古い物では今でいうと相当の値段が付くカメラレンズの見本もあるみたいです。
新亜光学工業は全国に大きな工場をいくつも所有している為、常に様々な光機器の開発に取り組む事が可能です。

それに、開発の分野においても常に注目を集めている会社の一つでもあり、多くの海外からの視察や研究者が見学に来ています。
光機器と言っても大きな物からとても精密で小さい物もあります。
国内だけではなく海外にも沢山の部品の輸出をしている事もあり、新亜光学工業では海外支社も多く世界に点在しています。

海外企業との取引も盛んに行われていたり、技術提供だけではなく海外企業と協力をして海外向けの光機器の開発も手掛けているのです。
その為、海外にいる新亜光学工業の社員の中にはもう数十年の間日本から離れて暮らしている社員も多く、色々な国に転勤と言う形になるので話せる言葉が何か国もあり、日本語はたまに忘れそうになってしまうみたいです。