新亜光学工業ってどんな会社?

>

様々な光機器を開発しています

この記事をシェアする

環境整備も立派な仕事です

工場がある国の中でもまだ日本のように治安が安定している国はそうは多くありません。
特に、アジア諸国においては貧困層が多く目立ちます。
その中で工場を作り、自社の製品を作る場合だとまず最初に行うべき事は、周辺環境の整備です。

荒れている場合には耕して綺麗な空き地にしたり、草が多く生い茂っている場合には刈って広々とした空き地に整備したりする所から始まります。
その為、始めの内は環境プランナーを数人現地に派遣して現地の環境整備に力を入れます。
それから、工場の建設へと移っていくのです。

工場建設は数年の年月をかけて台風が来ても壊れないように頑丈に建設をして現地の人が職を失う事がないようにするのです。
現地の人間で優秀な人材がいる時は、技術者として雇いその国の経済の発展を担えるように人材育成も行っていきます。

労働者支援もしています

様々な労働者支援も行っているのが新亜光学工業です。
光機器の開発だけではなく、近年になって海外の工場建設をするにあたり、前の記事でも紹介したように、現地の状況の悪さに驚きを覚えたみたいです。
今では数多くの日本企業が世界各地に進出して大きな利益を得ていますが、貢献しているのはまさに現地の人間の協力があるからこそなのです。

自社でだた雇うだけではなく、様々な角度から労働者支援を行い、貧困層を助けたりする人道的活動にも力を注ぐようになりました。
元々、新亜光学工業はまず最初に工場を海外に建設したのはアジア諸国が多く、そのほとんどが貧困層が多い国だったのです。
少しでも支援が出来るようにと賃金体制も見直しをしたり気持ちよく働ける環境を提供しています。