新亜光学工業ってどんな会社?

>

海外の工場でも製品を作っています

この記事をシェアする

技術者の育成の大切さについて

新亜光学工業では製品を販売や開発するだけではなく、人間の育成にも力を入れています。
前の記事でも紹介したように、様々な世界各地に支社や工場がある事が多い為、新亜光学工業はグローバルな会社の一つでもあるのです。
日本でも名の知れた会社であり大手でもあるのでそれは多くの社員が働いています。

ですが、海外に進出したのはここ数年になる為、まだ海外の技術者と言うのは日本人よりも少ないのです。
それに、最初は言葉や文化のかべがあり中々理解して貰えない事も多かったそうです。
その中で技術者の育成がどれほど大切なのかと言う事を新亜光学工業では海外の人に分かりやすく説明をして、惜しみない技術提供や技術支援を行ってきました。

技術者にとって大切な事

技術者にとって一番大切な事は何でしょうか?
新亜光学工業ではその大切な事について海外でセミナーを開催したり勉強会と称して海外の人向けに説明会を行っています。
会社の理念の一つでもある志について海外ではよく武士の心得と間違われる事が多く、たまに武士についての質問もあるようです。

しかしながら、新亜光学工業では海外の技術者の向上の為に様々な努力をしてここまで海外でも技術が少しづつですが、浸透してきました。
製品の販売をただ行うだけではなく、新亜光学工業は人は宝と言う事を最も大切にしており、人の繋がりによって会社は造られるのだと言う事を何よりも重んじているのです。
なので、海外でその日本の心が受け入れられるまで数年の時間がかかりましたが、今では日本文化や日本に興味のある人が多いのですんなりと受け入れられるようになりました。