新亜光学工業株式会社ってどんな会社?

>

新亜光学株式会社で扱っている光学製品を紹介するサイト

この記事をシェアする

意外と身近にある光学製品のご紹介

皆さんは光学製品と聞いてどういうものを頭に思い浮かべるでしょうか。なかなかその名前からだけでは、どのようなものかよく分からない方もいるかと思います。まず、光学機器とはどういうものかを簡単に説明いたしますと、光そのものの性質や作用を利用している機械のことを指します。

光学機器は、光を屈折させたり発散させたり集結させるためのレンズ、可視光線を反射をするミラー、光を分散したり、屈折したりさせるため、屈折率の違うガラスや水晶などの透明なものでできた多面体であるプリズムで構成されており、光の直進や屈折などを利用した機械のことを言います。光学機器は意外と身近なもので存在しており、望遠鏡や顕微鏡、カメラ、内視鏡、プラネタリウムなどで使用されています。

新亜光学工業株式会社では、専門の技術者集団が中国の企業と連携しながら高品質で低価格な製品を創り出せるように日々努力しています。現在ではさまざまなレンズがいろいろな所で使われています。あなたの持っているカメラのレンズにも新亜光学工業株式会社の製品が使われているかもしれませんよ。

お客様の要望に寄り添える製品の開発

光学製品に欠かすことのできない部品の1つであるレンズですが、光をさまざまな方向に曲げることが可能になります。レンズの形は2タイプあり、凸レンズは光を集め、凹レンズは光を発散されるというそれぞれ違う役割があります。またさまざまな形のレンズを組み合わせることもできます。

例えばカメラの場合は、レンズが2~3枚ではきれいな写真は撮れず、どういうレンズの組み合わせをすればきれいな写真が撮れるのかを持術者は考えています。良いレンズを作るのには計算が必要で、コンピューターを使用して計算していきます。どういう結果を得たいのかにより、そのための計算をしていく過程は、専門の技術者の技と言えるでしょう。

このように新亜光学工業株式会社は、お客様の要望にできる限り応えられるように、熟練の技術者による技術によって支えられており、それぞれのお客様にあった製品を開発しているので会社の評価も高くなっています。