新亜光学工業株式会社ってどんな会社?

>

製品だけでなく技術も輸出して海外の産業をサポートする会社

この記事をシェアする

高品質の製品と高度技術の輸出

新亜光学工業の製品は、海外に輸出されています。海外への輸送は、長時間かかり、道のりも長いため、梱包には神経を使っています。

検品で合格しても輸送中に起こった不具合で、その製品が不良品になることがあればその後に支障がでます。不具合に気が付かず使用すれば後々何らかの事故を引き起こしてしまうかもしれません。

国内の運搬はもちろんのこと、海外の輸送でも製品が1ミリも狂うことなく使用できるように梱包に工夫されています。

そして製品の輸出だけでなく、技術の提供もしています。海外に工場を建設して、現地の人を雇用することによって、新亜光学工業の高い技術を伝えています。

工場建設を行うには、その周辺の環境も整備されます。周辺に整った道路がない国では、大型車が通れるように道も整備しなければなりません。そのようにして、途上国に工場を建設することによって産業環境を整えることにも一役買っているのです。

海外で同品質の製品を製造することが可能になると、その地での産業も発達します。また物価が安い国で行うと製品の販売価格を安くすることが出来ます。

海外のパートナー企業が大活躍

新亜光学工業と取引している主要顧客が、現地の証券取引所で上場しました。新亜光学工業が提供する製品を現地で販売し、その国でのレンズシェアトップとその国でも高い評価を得ています。このことは、新亜光学工業が作る製品の品質の良さがその国でも認められているという証でもあります。

この企業は、ドライブレコーダー用レンズ、監視カメラのレンズ、ヘルメットに取り付けるディスプレイアイピースなどを主に取り扱っており、顧客へのアフターサービスにも力を入れていることで好評を得ているのです。

また、販売だけでなく製造や開発も行うようになりました。新亜光学工業の持つ特許技術は、この企業をサポートし、この国の経済発展を促進させるなど大きく関りを持っています。

他にも別の国では、現地企業と情報交換をすることにより、その土地に合った製造方法をあみだすなど、海外企業と密接な関りを持ち、産業の発展に貢献しています。