社会人学生の味方|いい人材はeラーニングの人材育成で成長させよう|未来に向けて教育

いい人材はeラーニングの人材育成で成長させよう|未来に向けて教育

男女

社会人学生の味方

保育士と子供

子育てしながら学ぶ

社会人になってから大学で学びたいと考える人は増加しています。社会人入試などがメジャーになっている現在においては子育てしながら大学で勉強を学ぶことも珍しくありません。しかし子育てをしている場合保育施設に子供を預ける必要があります。大学内保育はこれを支援する施設なのです。大学内保育の歴史は古く、かつては国公立大学の多くに大学内保育施設がありました。しかし経営難などに陥るなどして今現在は限られた国立大学のみに存在している状況になっています。かつての大学内保育の保育士は現在のように法律で規定されている訳ではありませんでしたので、教員や研究員などが施設をみていた経緯もあります。しかし認可を受けつつ存続することが難しくなったのです。

国からの支援

国立大学で存続できる理由はその予算が国から補助されるからです。私立大学ではすべて実費で準備しなければならないため、設営することは経営的に難しいのです。もちろん大学の保育施設には、一般の方の利用もできます。料金は学生よりは割高になりますが、保育施設の経営のために一般への開放を行っているところが多くなっています。保育士は専門の資格を有した保育士が勤務することになります。中には大学の関係者が、保育士資格を取得して勤務するケースも少なくありません。大学内保育施設は経営上難しいのも実情です。今後一般開放しても少子化に伴う需要が少なくなれば、施設継続も難しくなってくるのです。国の助成金次第ではあるのです。