社宅提供の一手段|いい人材はeラーニングの人材育成で成長させよう|未来に向けて教育

いい人材はeラーニングの人材育成で成長させよう|未来に向けて教育

男女

社宅提供の一手段

マンション

企業が社員に提供する福利厚生として、社宅がある。社宅は、社員にとっては安価な賃料で住むことができるなどメリットが多い反面、企業にとってはコスト的な負担が大きいものである。また、社宅では社員の入居や退去時の手続き、建物の維持管理をしなければならない場合もあり、手続きなどの面においても負担が大きい。これらのことから、最近では経費削減策の一環として、社宅を廃止する企業が多くなっている。企業において社宅の維持について、負担を軽減する方法としてあるのが社宅代行サービスの活用である。社宅代行サービスでは、企業の総務部などが行う社員の社宅への退去や入居の管理などを中心に管理業務を代行して行うサービスであり、利用が広がっている。

社宅代行サービスでは、社員による入退去の管理の他、建物の維持管理など一貫して行ってくれるサービスも多くなっている。また、会社が保有していない借り上げ物件を活用した社宅を提供している場合には特にメリットが大きい。借り上げ物件の場合には、不動産業者との手続きなどに多くの手間が必要になり、特に春や秋などの人事異動が多く行われる時期にはこれらの手続きが増えることになる。社宅代行のサービスでは、これらを社内の人材に代わり行ってもらうことができる。特に人事異動のシーズンでは、社内の総務などの人材については業務を多く抱えている傾向があるため、負荷の大幅削減に繋げられる。これらのことから、コスト削減と負担軽減策として効果が高い。