キャバクラの面接を受ける際の注意点

>

キャバクラってどんな仕事

面接に行く際の服装

キャバクラはなんといっても、おしゃれで美しい女性が接客する飲食店です。
その面接に行く際の服装には、ワンピースやきれいめの服装が最適です。
通常の面接では華美な格好はNGですが、逆にキャバクラの面接では、ジーンズやスニーカーなどのカジュアルな服装はNGとなります。

キャバクラはそのお店によって、コンセプトが異なります。
高級感のある、キャバ嬢にもより高度な接客を求めるお店。
高級店と比べれば、少しカジュアルな雰囲気のお店。
コスプレやコンセプトによって服装規定があるお店など様々です。

キャバ嬢は服装の他、メイクや髪型やネイルにも気をつかう必要があるので、勤めたいお店の雰囲気に合ったイメージで面接に臨むようにしましょう。

面接に必要な持ち物

面接に行く前に色々と準備をしないといけないのが持ち物です。
面接の様子や雰囲気がわかりにくいキャバクラでは、どんな持ち物が必要となるのかご紹介します。

まず必ず必要なのが「顔写真付きの身分証明書」です。
これがないとどんな仕事でも面接を受けることは難しいですよね。
でも万が一、顔写真付きの身分証明書がない場合は「住民票」でも可能です。
お店の規定にもよりますが、年齢が規定に満たしているか確認出来れば大丈夫です。
お店では提出した身分証明書のコピーを取りますが、これは悪用などではなく、18歳以上の女性しか雇っていないことを証明する為に取っているので安心してください。

「履歴書」はほとんどの仕事の面接に必要ですが、逆にキャバクラでは不要な場合が多いです。
ただし持参してくださいと言われることも、まれにあるので事前に確認しましょう。


この記事をシェアする
▲ PageTop