キャバクラの面接を受ける際の注意点

>

面接で聞かれることについて考えておこう

面接で聞かれること1

まずどんなバイトでも聞かれるのが、「その仕事の経験の有無」です。
経験者の場合は、優遇されることがあるので働いていた店名、期間、売り上げ、指名数などを控えておくと聞かれた時に困らず済みます。

「志望動機」これもたいていの面接で聞かれます。
働く目的と計画性が伝われば、面接官への印象も良くなります。
聞かれた時にどもってしまったり、考え込むことのないよう、きちんと受け答え出来るようにしましょう。

「勤務希望日」どんなお店でも短期間、週に1日しか出られないという場合は採用を悩んでしまうことがあります。
混雑する曜日や時間帯に出勤が可能だったり、長期間で勤務出来ると好印象です。
キャバクラ勤務経験のない方の場合はやる気をアピールしましょう。

面接で聞かれること2

キャバクラでの面接で行く時に聞かれることをご紹介していますが、ここからはキャバクラ独自の質問です。
「希望の月収」これは普通の仕事でも聞かれると思いますが、キャバクラではその額が高額になるのが特徴です。
あまり高い額をいうと調子に乗ってる、現実を分かっていないと思われてしまうこともあるので、計画性を伝えることが重要です。

「お酒の強さ」キャバクラはお酒を提供するところなので、アピールできる所です。
ただし、お酒が飲めない、弱いのに嘘をついても意味がないので他にアピールできることを探しましょう。

「恋人の有無」キャバクラはお客様がいてこその仕事なので、恋人がいる場合トラブルの元になったり、イベント時期に参加出来ないということがあるので、聞かれることがあります。


この記事をシェアする
▲ PageTop